【更新休止中!】税理士への頼みごと|税理士 澤口洋輔のブログ

申告書を作る以外に税理士は何ができるの?何を頼んでいいの?そんな疑問に自分として答えてようと書きました。もちろん、澤口税務会計事務所は、これら「頼みごと」の全てにご対応しています。お気軽にお問い合わせください。

資金繰り改善は、「先に多く貰う」「後で少なく払う」。業績自体は横ばいでも具体的にできることを検討してもらう

time 2015/07/10

資金繰り改善は、「先に多く貰う」「後で少なく払う」。業績自体は横ばいでも具体的にできることを検討してもらう

資金繰りが悪化して倒産という事態を避けるため、資金繰り表を作成してもらい説明を受けて、事業の資金の動きを掴み続けることは大切です。(詳細はこちら!
では、理解し掴んだ資金の動きが悪化していることが判明した場合に経営者としてできることはどんなものがあるのか?そのあたりのことを書いてみます。

資金繰り改善は、2つの基本思考で

売上が大幅に伸びたり・大きな経費を削減できたり、事業の業績が劇的に上昇カーブとなれば、資金繰りは改善していきます。ただ、これは簡単ではないでしょう。
そこで、事業の業績自体は横ばいでも資金繰り改善を図る方法の検討が必要になります。この際、考える基本思考は2つです。

1.資金をできるだけ早く先に、1円でも多く貰える方法がないか考えること。
2.払う資金はできるだけ遅く後で、1円でも少なくする方法を考えること。

この2つの思考で具体的な方法を絞り出していきます。典型的なものは、次のような方法です。

できるだけ先に多く貰うためにできること

・受取期日の交渉をシビアにして早める
・売れたら請求書をすぐに出す
・期日で未入金だったら、すぐに催促の連絡をする
・入金が早い現金取引・カード決済を促す
→これら売上時における改善手法の詳細はこちら!
・溜まった在庫は早期に割引でも売却する
・銀行に信用され迅速に借入できる財務体制をつくる

できるだけ後で少なく払うためにできること

・支払期日の交渉をシビアにして遅らせる
→これら仕入時における改善手法の詳細はこちら!
・経費はカード払いにして支出時期を遅らせる
・従業員の経費は月末まとめて立替精算とする
・借入金の返済期間を銀行と交渉して伸ばし返済額を減らす

できることを発見し、具体的スケジュールを作る

取引先や社内の事情、銀行との関係など色々な状況で上記の方法の中でできることが見つかります。 次に、その方法をどう実現して資金繰りの改善につなげていくかのロードマップが必要です。そして、それに沿って実行します。

この資金繰り改善はカンタンに完了できるものではありません。今の現状にはそれなりの理由があるはずです。このハードルを越え現状を変えるサポートを頼みましょう。

澤口洋輔のプロフィール

澤口 洋輔

澤口 洋輔

澤口税務会計事務所の代表税理士。 横浜市港北区出身、昭和55年生まれの35歳、3児の父。個人事業から中小企業、資産家から上場企業まで幅広い税務業務の経験を経て、2015年7月独立開業しました。企業経営から相続までの一貫したトータルサポートを信条に業務展開中です。 詳しくは、詳細ページをご覧ください。 [詳細]

ブログをメールで読む方へ。

このブログを更新後すぐにメールでお届けします。